CENTRAL ADMINISTRATIVE
中央総合行政事務所
無料電話相談実施中!ご相談・ご依頼は下記へお電話を電話受付(AM8時〜PM21時、月曜〜土曜、祭日も可)
011-205-0305
北海道行政書士会所属
代表・行政書士 後藤哲夫
NO 93010209号

事務所 札幌市中央区北2条西1丁目
トップページ事務所案内・所在地図業務内容・プロフィール報酬基準額リンク特定商取引表示

身の回りの財産相続について

*こちらは身の回りの財産相続のポイント・注意点をご説明いたします。
 遺品の指輪・衣服などの処理は

 これらの遺品を遺産分割協議を経ないで、相続人たちが勝手に処分していいのかどうかの問題ですが、大事なことは公平でなければならないということです。衣料などは「形見分け」として相続人がそれぞれ分けるとよいのですが、経済的に高価な指輪等は、基本的に相続財産の対象になります。遺産分割時の評価額で公平に分配することが望ましいでしょう。

 相続人の一人が勝手に指輪を持ち出したなどの事例がよくありますが、難しい言葉でいいますと相続の回復請求をすることになります。おおげさになると家庭裁判所に調停の申し立てをすることになりますが、話し合いで他の遺品とで調整するか、金銭的に解決するのが望ましいでしょう。


 香典・弔慰金は

 香典は、喪主あるいは近親の遺族に送られたもの考えられ、葬儀の費用に当てるのが一般的です。残ったお金は、喪主の判断で今後の祭祀の費用に当てる、分配するなど、喪主の裁量にゆだねられます。したがって相続財産とはならず、相続人が一方的に分配の請求をすることはできません。

 会社などからの弔慰金も香典と同じ考えでよいのですが、弔慰金が死亡退職金の一種とみなされる場合があります。具体的に会社がだれに送ったかがポイントになります。いずれにしても相続財産にはなりません。


 預貯金の払い戻し

 相続人がそれぞれ遠隔地のために、預貯金の払い戻しに手間取ることがあります。遺産分割前に共同相続人全員が払い戻しの請求をするには、戸籍謄本、相続人の印鑑証明、住民票などが必要です。全員が窓口に出向くわけにもいきませんので、1人の相続人が代表して他の相続人全員の念書か委任状を持参して払戻しを受けるのが一般的です。必要書類は各銀行等によって多少違いますので、事前に問い合わせをして、窓口で委任状などの用紙を受取り準備をするとよいでしょう。

 戸籍謄本は過去の除籍謄本なども必要な場合がありますので、けっこう時間を要します。戸籍は他人が勝手に取得することは厳しく制約されています。相続人である当事者の方がお忙しい場合は、職務権限で取寄ができる国家資格者に依頼するのが安心です。
(戸籍謄本のことをもっと詳しくお知りになりたい方は、トップページから「戸籍謄本の基礎知識」をご参照ください)

 生命保険金は相続財産?

 生命保険・損害保険などは、受取人が誰かによって大きな差異を生じます。被相続人が受取人を自分自身として保険契約を結んでいる場合は、相続財産となり、相続人で分配することになります。保険受取人を妻や子などに指定している場合は、相続財産のなかには入りません。(相続税の対象になるかは別)しかし、同じ相続人で、指定された者とそうでないものとの不公平感がありますが、被相続人が生前支払った保険料が遺贈とみる判例もあります。相続人の間で十分話し合い、被相続人の意図することを汲んで、円満に解決することが大事です。


 書画・骨董品

 物によっては大変高価なものもあり、価格の評価と分配方法の問題が生じます。換金して分配するのが手っ取り早いのですが、被相続人の思いもあり先祖代々引き継がれたものもあるでしょう、価格では割り切れない主観的価値があることもあります。どうしても話し合いがつかない場合は家庭裁判所での審判分割にゆだねる方法もありますが、いずれにしても、個々の価値判断で差異が生じることは否めません。相続人間でお互い十分納得できるよう話し合って解決するのが望ましいことです。


 ゴルフ会員権

 会員券の名義を相続人に変更する場合は所定の用紙で届け出るだけで足りますが、会員券の額面金額での引取りを求める場合、ゴルフ場とのトラブルが発生することがよくあります。バブル崩壊後市場価格が大幅に下落している状況で額面保証とはなっているものの、ゴルフ場側では
@長期分割返済A3年後の据置返済B額面価格の値引き返済などを求めてくることがあります。粘りづよく交渉する必要があり、場合によっては訴訟も辞さない強い姿勢で臨むことも必要です。

 短期間に現金化して遺産分割したい場合は、会員券業者の協力をもとめ市場相場での売却もやむを得ませんが、ゴルフ場との額面価格以下での引取り条件で側金を求めるなどの折衝方法もあります。



トップページへ戻る